謎の天才時計師が作るフランク三浦の魅力と歴史

| コメント(0) | トラックバック(0)

フランク三浦という時計をご存知でしょうか?

スイスの某高級腕時計ブランドによく似たデザインを有しなが

ら、その価格は数千円となっているパロディ時計です。しかし

パロディといっても品質は高く、ムーブメントも日本製を使用

しており、工場も高級ブランド時計を製造している場所なので

す。

フランク三浦は2010年8月よりディンクスという時計メー

カーが販売を開始し、謎の天才時計師のフランク三浦が手掛け

ているという設定と裏蓋の「完全非防水」といった刻印や、取

扱説明書兼保証書の適当さ具合等といった善くも悪くもユルい

雰囲気で人気となっています。そして人気の高まりと同時に大

手企業とのコラボが増えてきたのですが、2015年10月1

5日にフランク三浦自身の公式ツイッターで「ヤクルトが日本

シリーズで優勝でけへんかったから、もうワシ統計作るの引退

する!」と発表を行い生産中止が決定したのでした。

その後は時計師のフランク三浦が消息不明となり新作が発表さ

れることもなく、販売されているフランク三浦は在庫限りで終

了となりました。しかし、販売元によればフランク三浦と同じ

血筋を引く人間が世界各地に居ており、新たな動きが起きるの

ではと予想されています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://roomtokiwa.xsrv.jp/mt-tb.cgi/427

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwaが2015年12月17日 10:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「私が腕時計を好きになって収集し始めた理由」です。

次のブログ記事は「ダニエルウェリントンの歴史とスタイルについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。