ダニエルウェリントンの歴史とスタイルについて

| コメント(0) | トラックバック(0)

ダニエルウェリントンという名前から考えると、この人が会社の社長なのかなと思うかもしれませんが、そうではなく、ブランドの創始者が世界を旅している最中に出会った紳士の名前がダニエルウェリントンなのです。

というのも、そのダニエルウェリントンがつけていた腕時計に魅了されたことからこのブランドを作ったので、敬意を表すためにつけたのです。

そんなダニエルウェリントンの腕時計のスタイルというのは、非常にシンプルなスタイルが売りとなっています。

特に革ベルトのものは、まさにダニエルウェリントンがつけていたような腕時計で、シンプルなデザインなのですが、だからこそ趣がある、またアンティークな感じの雰囲気を醸し出しています。

文字盤はちょっと大きめになっていて、革ベルトはブラントブラックがあり、レディース腕時計とメンズ腕時計に分かれているのですが、ユニセックスな雰囲気に仕上がっているのが特徴です。

ですから、カップルでペアウォッチとして使っていただく事もできるのです。

さらに、ベルトの太さも34mmとか36mmなどと選べるので、ペアウォッチにする際には、女性であればチョット細身の物を、男性であれば太めの物を選ぶことをおすすめします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://roomtokiwa.xsrv.jp/mt-tb.cgi/428

コメントする

このブログ記事について

このページは、tokiwaが2015年12月17日 10:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「謎の天才時計師が作るフランク三浦の魅力と歴史」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。